天童よしみ コメント

 三都物語の中で着させて頂く十二単は普通の舞台衣裳ではなく、本当に本物ですからずしんとくる重さがありました。前回、階段からの登場シーンでは、裾の長い衣裳で転ばないよう大変でしたが、無事気合で乗り切れました。この舞台は皆で創りあげて行く楽しさ、ミュージカルやシャンソンやシンガーなど色んなジャンルの方々と一緒に創り上げたということがとても嬉しいですし、皆さんがそれぞれの装束を着て一緒に歌ったり、台詞を言ったりととても楽しかったので、今回再演のお話を頂き、明治座では新たにこうしよう、ああしようと思うことが芽生えてきました。

新しい感覚で明治座と言う場所でより多くの方々に見て頂けたらと思っております。